水道の配管からの水漏れを修理する方法

蛇口をひねれば水が出るのが当たり前の暮らしの中で、水道管や下水管の存在を意識することは少ないでしょう。家庭に運ばれた水は、使い終わった後は下水管によって運ばれて行きます。配管のどこかにトラブルが発生すれば、水道代が跳ね上がったり、住宅が傾くなどの被害が出るだけでなく、近隣トラブルになることもあり得ます。配管修理は水道 工事が必要なことも多いです。早期発見に努めるとともに、異常を見つけたらすぐに信頼できる業者に相談することが大切です。

■配管から水が漏れる原因

家庭内の配管から水が漏れる原因は、パイプ内の汚れと老朽化が主なものです。接合部の緩みやパイプそのものの損傷により起こる場合もあります。
地面の下の水道管から水が漏れている場合は、老朽化と物理的破損が主な原因です。水道管の寿命は、材質や埋設環境によっても違って来ます。水の出が悪くなったり、濁る、変な味がするなどの場合には、水道管の内部にサビが出ている可能性が高いです。法定耐用年数は40年ですが、設置から30年以上経過している場合には、水道 工事業者に点検してもらうのもよいでしょう。
地中に埋設された水道管は、外部からの衝撃によって物理的に破損するケースもあります。特に地震などの自然災害の場合には、家屋が無傷の場合でも、地中の配管はダメージを受けている可能性もあるため注意が必要です。

■配管修理の方法

地中の配管から水漏れが疑われる場合には、まず最初に水が漏れている場所を特定する必要があります。水漏れ箇所がわかったときは、耐水性の高い水漏れ専用のテープを使い、パイプに開いた穴や破損部分をふさぎます。水漏れ専用テープはホームセンターのほかネットショップなどで入手することが可能です。水漏れトラブルに備えて準備しておくのもよいでしょう。
テープを貼って水漏れが止まったからといって、そのまま放置するのは厳禁です。水漏れ専用テープは一時的な措置と考えて、根本的な解決を図ることが重要になります。高価な水漏れ専用テープを使った場合でも、修理の必要がなくなるわけではありません。水漏れ専用テープで応急措置をした後はもちろん、水漏れ箇所を特定できない場合は直ちに、信頼できる業者に相談するようにしましょう。

■まとめ
目に見えない部分からの水漏れは、水道代の高騰やいつも地面が濡れている、音がするなどの症状をきっかけに発覚することが多いです。屋内はもちろん、屋外の水漏れの可能性についても心に留めておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ